RSS | ATOM | SEARCH
タワーリング・インフェルノ The Towering Inferno 1974 年 アメリカ映画
映画史上、永遠の名作はおのおのあると思う。

世代毎に好みも分かれると思う。私は恋愛モノはナンボ勧められてもダメだ...。

私にとって名作の条件とは? エンターテイメントから離れることなく色んな楽しめる要素がある。ホンモノのスターが出演してる。人間描写が丁寧に描けてる。後大切なのが現実とリアルにリンクしてる部分がある。と言った所かな?

私はこの作品はすべて含んでると思う!今観ても特撮の技術も素晴らしい!この当時のスーパースターをすべて集めたと言っても良い位の豪華な俳優陣!火災の中で起こる醜い人間達。

1974年、ワーナー・ブラザーズ 20世紀フォックス が共同制作し日本でも大ヒットした タワーリング・インフェルノ を今回は紹介したいと思います。




















知ってる人も多いので物語の方はザッ!と...。

スタートはヘリに乗ったポール・ニューマン(建築家)が自分がプロデュースしたビルに到着したシーンから始まる。

その晩落成式の行われるビルで打ち合わせの際、電力系のトラブルが起こり詳細を調べれば自分の手配した配線では無く、もっと強度の弱い配線が原因だと知る。

建築家が恐れていた電力系の倉庫から報知機に反応しない火災が起こる。何も知らない出席者はその晩のパーティーを決行し、燃え上がった火はビルの中断を塞いで全員を袋小路にさせてしまう!てな話。


























結局、間に入った中小の業者の経費を浮かせる為に中身の強度を無視した結果の大火災が取り返しの付かない事態を招く。この時代では映画の中での出来事だったかもしれないが、そんな事は無い!世界中でこの後類似した火災は後を絶たないし、建築技術の高い日本でも同じ様な出来事は沢山起こってる!(悲しいけど)

かと言って基準法はクリアしてるのだから厄介で、後半ニューマンが吐き捨てる様に「コストをカットするなら階数を削れ!」にすべての感情が集約してると思う。

間に入ってる業者にも言い分があってクライアントからプレゼンする際、安く挙げるのは契約の絶対条件!コストカットの実績を上げて(浮かせて)行けば仕事に有り付け、太い発注パイプを通す事が出来る。言うなればどちらも悪く、ズブズブ...。

予言してたのか?そしてこの映画の良い所はスター勢揃いの映画にありがちな(スリルのある見せ場)(成功)(ハッピーエンド)は一切無い!


















その場で考えれる最善を尽くし、少しでも犠牲者を減らす事を第一に命懸けで挑んで行く男達がしっかりと描かれている。

中でもそんな事は構ってられない!と言った人間達もちゃんと出て来るからリアルで良いと思う!

古い映画なので特撮もチャチく感じてしまい今観ると迫力不足...と感じる映画は少なくないがこの作品はそこでもしっかり描けてあって今観ても充分迫力があると思う!

メイキングでも出て来るが実際のビルを縮小した25メートルのミニチュアを2台作り計算しながら燃やしていて、今のCGとは違いこれはこれで今観ても素晴らしい!

勿論出演者もスゴイメンバーばかりだ!ポール・ニューマン、フェイ・ダナウェイ、ウィリアム・ホールデン、フレッド・アステア、ジェニファー・ジョーンズ、ロバート・ヴォーン、ロバート・ワグナー、OJ・シンプソン。そして私の大好きな俳優、スティーブ・マックィーン!

















物語開始から40分以上経って所で登場なんて、まるで時代劇の花形の様な登場の仕方!カッコいい〜!

黙々と消火をこなし最後まで職務を全うするオハラハンは本当にハマってる!男らしいマックィーンにピッタリだ!

多くの犠牲者を出した火災のラストは大きな喪失感でラストを迎える。励まし合う様な緩い台詞ではなくウイリアムは「今は神に祈るのみだ。同じ惨事を繰り返さん様に」

マックィーンは「運がいい 死者は200名以下だ 今にこんなビルで1万人の死者が出るぞ 俺は火と戦い 死体運びさ」と淡々と話す。
















こう言った内容のエンターテイメントはらしくないかも知れないし、今の時代には暗いと感じる人もいると思う。

けどこれだけ豪華な俳優陣が火災の恐ろしさと言うメッセージを伝えてくれるからこそ大きな影響力があり、今も買いたい!と思わせてくれるんじゃないでしょうか?

本作の昔のコピーに これぞメジャーの底力! とあったが私はその通りだと思う。

今こうして書くのはこの作品が古典として取り上げるのではなく、もっと若い人も本作を観るべき!と私は思います。

お勧めですよ〜!是非!是非!是非!是非!是非!是非!是非!是非!是非!是非!

では予告編を。




最後にこの作品。どこまで移植されるんだ!? 私はビデオ、DVD、スペシャル・エディション DVD、んでブルーレイ!全部買ったんやぞ!一体いつ終わるねん!?全部コレクションのつもりで買ったのにぃ〜! 個人的にブルーレイでもう終わりにして下さい m(_ _)m
author:Yasushi O.guro, category:洋画, 15:21
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://film.yasushio.com/trackback/36