RSS | ATOM | SEARCH
ルパン三世 カリオストロの城 (The Castle of Cagliostro) 1979年 日本映画
私と同年齢のルパンが居る。中年の生き方を引きずって。子供の時に観たこの映画のルパンより今の気持ちは複雑で、それがちょっと悲しい...。

だが、この歳になって泥棒と言うより一人の人間として、カッコよくは無いが男として、私は素晴らしいと思うんや!

 

今年の最後はこれを書きましょう!ご存知ルパン三世の中で、最も有名な作品。これだけ観たと言う方もこれだけは認めない!という方も評価が極端に分かれる巨匠、宮崎駿さんの作品。


公開当時5歳の私は色んな劇場でこのルパンのポスターを観た記憶が有る。

実際観たのはテレビでしょう。面白かった!ただそれだけ。

憶えてる事は、この映画のファンはルパンの作品の中でも女性に人気があったと思う。

私の姉も大好きだった。んで、私のそれからルパンにハマる切っ掛けをくれた。「ルパンは初期が良いでぇ〜」

子供の時ルパンは恐かった。理由があるにしても人を殺すルパンはアニメの枠から大きく逸脱してた。

ただそれが大人になっても充分観応えが有る内容やったんや!と評価が変わり、今でも初期のルパンは私のバイブルだ!http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%B3%E4%B8%89%E4%B8%96(詳しくはこちらの TV第1シリーズを)

テコ入れされたコミカルなルパンは今より下品な感じがしない。要は赤ジャケットのルパンを良いと思わなくなった。(全部や無いから言い方が難しいねんけど!)


話をカリオストロに戻して、このルパンは旧作の10年後を描いてる。これは全シリーズの中でも異色だ。色んな宮崎さんのインタビューを見てもこのルパンは疲れた中年だ。

高級車を乗る訳でも無く、食事はカップうどんや大盛りスパゲッティ、ライターは100円で十分の貧乏人ルパン。金持ちに成るのは、とうにもぅ良いや!と思って生きてそう。















いつものパターンなら自分のプランを次元に相談⇒難しいぞ〜⇒お願〜い⇒二人で偵察〜なんて形になるが今回は自分から、けし掛けた訳じゃなく、通りすがりの花嫁クラリスを助けてあげるのに終始してて、当初の目的の偽札はどこまで関わるつもりだったのか...?どうやのルパン?

クラリスを追いかければ話の核心に近付き、10年前の自分の恩人クラリスを命懸けで守る!そこには狙う金目の獲物なんか無く、そんな事で自分はもう動く若造じゃない感じが観ててする。

表の顔は善人で裏では合法的に金をかき集める悪党が大勢いる世の中でせいぜいルパンが盗む金なんて愛車Fiat500いっぱいが限界。だったら物欲から一つ突き抜けて違う世界で生きようとしてる。


私はここが好きです!20〜30歳辺りの私は自分の身の丈考えずに高い服や知的な音楽や高価なアメ車や時計に憧れる欲の塊でした。

だけど自分の似合う物を今は第一に考える。リムジンやラスベガスに憧れる田舎者にはなりたくないでんな!(私に高級車は似合わんし!)

これを教えてくれたのはルパンであり、この監督、宮崎駿さんの著書(出発点)です。(ジブリあんまり観てませんm(_ _)m)


私がFiat500を買ったのはこのルパンに共感したから、それだけっす!だってね!このカーアクション見たらアンタ!












私だってスーパーチャージャー付けて崖を上って行けるなんて思っちゃいませんよぉ〜!

だけど夢が有るじゃないですか!映画の小道具(例えばマックィーンのマスタング、イーストウッドの44マグナム、チャップリンのステッキ)それがこの映画ではワルサー?(一回も使わず)Benz SSK?(回想シーンのみ)Fiat500!ホントにハマってて、カッコイイったらもぅ!


お姫様クラリスがブリブリ少女過ぎてこの映画の評価に別のアンチを作ってしまった形になったかもしれないが私はロリータなので全然気にしな〜い!

私が好きなシーン、10年前の回想シーン、ここはホントに良いんや!
















SSKに乗り、ワルサーを撃ち、強盗を楽しむ、いきがったルパンはカリオストロにちょっかいを出し、大けがを負う。岸に上がったルパンの表情は険しく若造の顔、悪人の自分に水を差し出してくれた少女クラリスの初対面のシーン、ここはホントに良い!

今となっては旧作を作品に投影した唯一の好例じゃないかなぁ〜。(スコーピオンは一回で良かったと思う...)

もっと言いたい事は有りますが最後にこのシーン!
















色んなシチュエーションで走るFiat500!んで主題歌!何度観てもエエんや!

宮崎さんはこの映画のラストに「完」と付けてます。あなたにとってルパンのラストはLast Jobですか?Deat or Aliveですか?Green VS Redですか?黄金の大勝負!ですか?はたまた...?

私はこれが最終回で良いと思ってます!いつでも山田康雄ルパンの最後を観れるんやから!

長くなって、今回は内容に触れてなくて、すみませんm(_ _)m  ぜひ正月には日本映画の名作を観て欲しいです!それでは皆様よいお年を。

 
author:Yasushi O.guro, category:邦画, 02:16
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://film.yasushio.com/trackback/8